「専門地域調査士」になるには?

                                 ※専門地域調査士診断はこちら
次のどれかの条件を満たすと、「専門地域調査士」の資格認定の申請ができます。
※事前に地域調査士講習を受講しておく必要があります。
① 所定単位を取得して大学院修了後、3年以上の地域調査に関する実務を積んだ場合
大学院で所定の単位を履修して修士課程を修了した後、地域調査に関する実務を3年以上経験し、さらに地域調査に関する研究論文を提出した人が、「専門地域調査士講習」を受講した場合。
② 所定単位を取得しており、地域調査に関連する博士の学位を授与された場合
大学院で所定の単位を履修して終了した後、地域調査に関する博士の学位を取得した人が、「専門地域調査士講習」を受講した場合。
③ 地域調査の実務経験を3年以上有した人が査読論文を公表した場合
地域調査に関して3年以上実務経験を有し、地域調査に関する研究論文(博士論文に相当)が査読を経て学術誌に掲載された人が、「専門地域調査士講習」を受講した場合。
④ 大学等で地域調査に関する5年以上の教育・研究経験を有する場合
大学、大学院や調査研究を主たる目的とする機関において、教授、准教授として地域調査に関して5年以上の研究及び教育の経験を有する人が、「専門地域調査士講習」を受講した場合。